• ホーム
  • 女性用バイアグラとリングの効果と薬価について

女性用バイアグラとリングの効果と薬価について

公園に座るカップル

最近ではパートナーとの夜の営みが不足することで、夫婦関係にヒビが入ってしまう夫婦も少なくないと言います。
夜の性行為の数自体が減る原因には、単純に体の相性が不一致だったり男性側の下半身の病気が理由であるなど様々な要因があります。
一方で女性側のお悩みとしては不感症などがあり、パートナーとの性行為を行う気持ちにならないというのが圧倒的な理由です。
このような症状は女性性機能不全と言い、多くの女性が人知れずお悩みを抱えていると言います。
そのようなお悩みを抱える女性達に最近話題になっているのが様々な医学的アプローチ法です。
エストロゲン療法は女性ホルモンの分泌が著しく低下している女性向けの治療法です。具体的にはエストロゲンの混入した膣内リングやクリームを使用することで、女性器の血行を促して膣の弾力性を増大させる効果があると言います。
また最近特に話題なのが女性用バイアグラという薬剤の存在です。
フリバンセリンは女性の性的欲求低下障害の改善薬として、アメリカで認可された比較的新しい薬剤の1種です。元々は抗うつ剤として開発された治療薬ですが、脳神経に働きかえる作用が女性の性的欲求を高めるという効能があることが分かったと言います。
またウーメラやラブグラに配合されるシルデナフィルクエン酸塩という成分には、元々は男性用のバイアグラの含まれる有効成分です。
最近の研究データでは女性が服用をして場合でも血流促進の作用があり、性的興奮を感じやすくなるという効果があると言われています。
さらに潤滑が良くなるのでオーガズムに達する割合も増すなどの効果も期待できるようです。
女性用バイアグラとして発売されている薬剤は、いずれも日本では認可がされていません。
入手する場合は個人輸入サイトなどで購入する方法がありますが、価格は薬剤自体の薬価に合わせてそれぞれに価格が異なります。

関連記事